離婚の流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

裁判所弁護士に離婚サポートをしてもらうにしても、離婚の流れを知っているのと知らないのとでは、精神的にも大きく変わってきます。弁護士に依頼するタイミングを見極めるのにも役立ちますので、離婚の流れは知っておいた方がいいでしょう。

まずは夫婦で離婚について話し合いをします。話し合うのは財産分与のこと、子供がいるなら親権や養育費のことです。離婚する原因を作った方は、相手に慰謝料を支払うことになるので慰謝料のことについても決めておかないといけません。ここで解決したら協議離婚が成立します。

もしも解決しない場合は、家庭裁判所に調停離婚の申し立てをします。家庭裁判所で審議をしてもらいますが、どちらかが結果に納得できない場合は、最終的に裁判になります。裁判になると解決までに時間がかかりますし、弁護士に支払う費用もかさみます。離婚は結婚する時よりもエネルギーを消耗するといいますが、裁判まで持ち込むとなると弁護士がついていても精神的な負担はかなり大きくなります。

裁判まで持ち込まれるのは稀ですが、勝訴すれば希望通りの離婚ができますが、敗訴した場合は悲惨な結果となってしまうことも少なくありません。早期解決できるほど負担は軽く済みます。