離婚について弁護士に相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子供離婚理由にもよりますが、離婚をしたいからと焦って行動してしまうと後悔することになる可能性があります。浮気が原因で離婚するような場合は、法律上不貞行為を働いたことになるので、浮気をした側から離婚を申し出てもそれは認められません。子供がいる場合は、子供の親権や養育費なども問題があるので、細かい取り決めをして子供が安心して暮らせるよう準備してからの離婚が理想となります。

話し合いで解決できればいいのですが、実際にはお金の問題も絡んでくるので話し合いで解決して穏便に離婚出来るケースはあまり多くありません。離婚するにもいくつかの方法があって、どの方法で離婚するかによっても状況は変わってきます。自分でなんとかしようとすると、泣き寝入りをしなければいけないことも多いので、離婚を考えているなら弁護士に相談することをおすすめします。

離婚の方法については、まずは夫婦で話し合いをして解決する協議離婚、話し合いでは解決しない場合は家庭裁判所に離婚調停の申し立てをします。離婚調停でも解決しない場合は、最終的に裁判で戦います。協議離婚、離婚調停、離婚裁判と段階が進むほど解決まで時間がかかりますし、精神的な負担も大きくなります。

どの方法で決着をつけても、離婚が成立すると後になって話が違うとなってもそれが通用しないこともあります。そうならないためにも、法律のプロである弁護士に依頼して納得のいく形で離婚ができるようサポートしてもらうのです。