離婚の流れ

裁判所弁護士に離婚サポートをしてもらうにしても、離婚の流れを知っているのと知らないのとでは、精神的にも大きく変わってきます。弁護士に依頼するタイミングを見極めるのにも役立ちますので、離婚の流れは知っておいた方がいいでしょう。

まずは夫婦で離婚について話し合いをします。話し合うのは財産分与のこと、子供がいるなら親権や養育費のことです。離婚する原因を作った方は、相手に慰謝料を支払うことになるので慰謝料のことについても決めておかないといけません。ここで解決したら協議離婚が成立します。

もしも解決しない場合は、家庭裁判所に調停離婚の申し立てをします。家庭裁判所で審議をしてもらいますが、どちらかが結果に納得できない場合は、最終的に裁判になります。裁判になると解決までに時間がかかりますし、弁護士に支払う費用もかさみます。離婚は結婚する時よりもエネルギーを消耗するといいますが、裁判まで持ち込むとなると弁護士がついていても精神的な負担はかなり大きくなります。

裁判まで持ち込まれるのは稀ですが、勝訴すれば希望通りの離婚ができますが、敗訴した場合は悲惨な結果となってしまうことも少なくありません。早期解決できるほど負担は軽く済みます。

相談するタイミング

離婚するにあたり弁護士に間に入ってもらうと、解決までのサポートをしてもらえます。ここで気になるのがどのタイミングで弁護士に相談や依頼をすればいいかということです。離婚の原因にもよりますが、離婚の話が出た時点で弁護士の無料相談を利用すれば、今後どうすべきかが見えてきます。無料相談はあくまでも相談だけとなるので、詳しいことは聞けませんがどうしたらいいかわからない時は的確なアドバイスがもらえます。

天秤無料相談では話せる内容も限られますが、相談してみて弁護士の印象や相性で依頼するかどうかを見極めることができます。信頼できると確信が持てたら、離婚に関して正式にサポートして欲しいと依頼すればいいのです。

相談するタイミングですが、相手の浮気が原因の場合相手のペースに巻き込まれると自分が不利な条件で離婚しなければいけないこともあります。離婚するにあたりこれから話し合いをするという時から弁護士を立てておくと、交渉などもスムーズに行きます。浮気が原因の場合、浮気をした方が不利な立場ですから、浮気をされた方に有利に話を進めることができます。

あまり騒ぎにせず穏便に済ませたいという理由で、協議離婚に持ち込もうとしてもうまくいかない場合はそこで弁護士に依頼するといいでしょう。

離婚について弁護士に相談

子供離婚理由にもよりますが、離婚をしたいからと焦って行動してしまうと後悔することになる可能性があります。浮気が原因で離婚するような場合は、法律上不貞行為を働いたことになるので、浮気をした側から離婚を申し出てもそれは認められません。子供がいる場合は、子供の親権や養育費なども問題があるので、細かい取り決めをして子供が安心して暮らせるよう準備してからの離婚が理想となります。

話し合いで解決できればいいのですが、実際にはお金の問題も絡んでくるので話し合いで解決して穏便に離婚出来るケースはあまり多くありません。離婚するにもいくつかの方法があって、どの方法で離婚するかによっても状況は変わってきます。自分でなんとかしようとすると、泣き寝入りをしなければいけないことも多いので、離婚を考えているなら弁護士に相談することをおすすめします。

離婚の方法については、まずは夫婦で話し合いをして解決する協議離婚、話し合いでは解決しない場合は家庭裁判所に離婚調停の申し立てをします。離婚調停でも解決しない場合は、最終的に裁判で戦います。協議離婚、離婚調停、離婚裁判と段階が進むほど解決まで時間がかかりますし、精神的な負担も大きくなります。

どの方法で決着をつけても、離婚が成立すると後になって話が違うとなってもそれが通用しないこともあります。そうならないためにも、法律のプロである弁護士に依頼して納得のいく形で離婚ができるようサポートしてもらうのです。